食べても痩せるダイエットサプリメント

なぜ、やせない?

 

運動もカロリー計算もしているのですが。。。

 

なかなか体重と体脂肪ってへらないんですよね
(´ヘ`;)

 

これ以上、運動に時間はかけれないし、食べるのガマンできないし‥‥。

 

「なんかいい方法ない?」

 

わたしは、通っているジムのインストラクターに相談しました。

 

「もしかしたらあなたは、栄養の吸収がよすぎて、ちょっと食べたらすぐ身につく体なのかも。」

 

すぐ、ピンと来ました!これが体重のへらない原因では?と考えたのです。

 

たしかに抑えめに食べてはいるのですが、日ごろあまりにもお通じが少なくて。

 

食物繊維とってるのに便秘??とか思っていたのです(^_^;)

 

「これって便秘じゃないかも。腸の調子がよすぎて、食べものをほとんど消化吸収してしまってるのかも。。。」

 

わたしは、ものを食べても吸収しにくくなるダイエットサプリメントはないのか、探してみました。

 

これが痩せるきっかけになったら、すごくうれしいですからね( ̄ー ̄)

 

ヨガスリム


 

痩せるというよりも、太りにくくなるイメージだと思いますよ。

 

公式サイトの「甘いものや脂っこいものをガード」というのは、糖分や脂分を吸収しにくくするという意味ですね。

 

食前に摂るといい感じです。1ヶ月半で1袋なくなりますね。飲みはじめは、体がポカポカしました。

 

≫ヨガスリム 詳しくはこちら

 

ヴィーナスレンダー プリティルール



 

食前に飲むのがいちばん良いと思いますよ。満腹感がありますから、ご飯をあまり食べずに済みますね。

 

逆に食後に飲むと、便通はバッチリになりますしね。

 

≫ヴィーナスレンダー プリティルール 詳しくはこちら

 

プレミアムスリムビオ



 

寝るまえとか起きたあとに摂るといいですよ。香りもいいし、飲みやすい感じです。

 

便通がやたらとよくなりましたね。

 

≫プレミアムスリムビオ 詳しくはこちら

 

カロリナ酵素プラス



 

私の姉は、「食べてもあまり体重増えないし、顔がほっそりしてきた」って喜んでました。

 

定期コースは、送料無料の上に初回がスゴク安いことがありますから、注目ですよね♪

 

≫カロリナ酵素プラス くわしくはコチラ

 

カロリストンPRO



 

お昼ごはんの前に3粒と晩ごはんの前に3粒とると、最低でも体重はふえずに済みますよ。

 

酒を飲んでから食べるラーメンの前とかに摂るといいんじゃないでしょうか?

 

ボトルタイプですから、持ち運びも便利ですしね。

 

≫カロリストンPRO 詳しくはこちら

公式サイトを下にスクロールすると、「会社概要」ってボタンがあります。
ここをクリックして、遷移したページの左メニューバーの『カロリストンPRO』をクリックすると、もっとカロリストンPROの情報が書いてありますよ。

 

1位〜5位の詳細。

商品

パッケージのサイズ

税込価格

販売形態

ヨガスリム

横10cm×縦17cm×厚み約1cm

定期初回2,916円

2回目以降7,560円

通販のみ

ヴィーナスレンダー プリティルール

縦34cm以内

横23cm以内

厚さ3cm以内の箱で送られてきます

定期初回2,480円

通販のみ

プレミアムスリムビオ

縦17p×横11p

定期クレジット初回 2,138円

2回目以降4,298円

通販のみ

カロリナ酵素プラス

縦22cm×横12cm

定期1袋3,888円

通販のみ

カロリストンPRO

直径4cm×縦7cm

定期便1回目6,170円

通販のみ

 

ヨガスリムの栄養。

 

ヨガスリムには、糖分や脂分を吸収しにくくするスーパーフードが入っていますが、スーパーフードの仕事を補助するビタミンB群も大切な存在です。
「ビタミンB群はヨガスリムに入ってるからいいや。」じゃなくて、自らも積極的にビタミンB群を摂りにいきましょう。

ビタミンB1

ベーコン   ボンレスハム   生ハム   ブタのロース肉   ブタのヒレ肉   ブタのヒキ肉   ブタのモモ肉   アオノリ   ヤキブタ   ダイズ    コンブ   タラコ   キナコ   ウナギ   ノリ                                                                                                                  

ビタミンB2

ぶたのしんぞう   にわとりのしんぞう   うしのきも    にわとりのきも    ぶたのきも    のり   ちょうざめのたまご   せんちゃ   とうがらし     いかなご    うなぎ   うずらのたまご   かも   うに   すじこ

ビタミンB6

ビーフジャーキー   マッシュポテト   ピスタチオ   唐辛子    大蒜   抹茶   びん長鮪   黄肌鮪    鰹   鮭    酒粕    牛の肝臓   鶏の肝臓    黒砂糖   胡麻      

パントテン酸

ぶたのきも   うしのきも   あひるのきも   にわとりのきも   にわとりのしんぞう   にわとりのささみ   たまごのきみ   なっとう    とうがらし    ほしたしいたけ   せんちゃ   まっちゃ   たらこ   脱脂粉乳

 

 

ヴィーナスレンダー プリティルールの栄養。

 

ヴィーナスレンダー プリティルールは、ダイエットすると同時に、キレイになれる栄養素もタップリ入っています。
でも、サプリメントだけに頼るのもよくないと思うので、日ごろから食物繊維、コラーゲン、ヒアルロン酸が摂れる食べものをたくさん食べましょう。

食物繊維

ゆでえんどうまめ グリンピース エシャロット  きくらげ  いんげんまめ  ひじき  うずらまめ  つくし  にんにく  もろへいや  とうがらし  せんちゃ  しそ  とんぶり  くり  よもぎ  ゆりね  アボカド  しその実  ゆず  あしたば  パセリ  ごぼう  まっちゃ  ゆであずき   ゆでだいず  なっとう  おから  みそ  ほししいたけ  あおのり  こしあん  カレーのこな  こんぶのつくだに

コラーゲン

鶏の手羽先  鶏がら  鶏のももの皮  鶏の軟骨   鶏の胸肉   鶏の砂肝   鶏の肝臓   豚挽肉   豚足   豚耳   ソーセージ    ハム スペアリブ   牛すじ肉   牛すね肉   海老   海鼠   鱶鰭   鰻   栄螺などの貝類   鮭   鯛  水母   河豚    鮟鱇    鯵  鰯  秋刀魚  しらす  すっぽん  蛸    鱧   烏賊  いかなご  鰆   鯖  あさり   かます  牡蠣   鰤   蒲鉾

ヒアルロン酸

鶏軟骨  鶏手羽  鶏冠(とさか)  豚足  鮭  鰈  魚の目玉  鱶鰭(ふかひれ) 鰻  水雲(もずく)  天草(てんぐさ)  和布蕪(めかぶ)  納豆   陸蓮根(おくら)   山芋

 

 

プレミアムスリムビオの栄養。

 

プレミアムスリムビオは、腸の働きをよくすることでダイエットにつなげていくサプリメントです。
でも、腸にやさしい食べものはけっこう日常生活にあるものなので、なるべく意識的にとるべきだと思います。

ビフィズス菌

ほぼヨーグルトのみ

乳酸菌

ヨーグルト   ヤクルト   ワイン  はっこうバター  チーズ  キムチ   ザーサイ  ザワークラウト(ドイツのキャベツのつけもの)  ピクルス  ナットウ   ミソ  しょうゆ   ヌカヅケ  シオコウジ  日本酒      

ラクトフェリン

人間の母乳   スキムミルク  ヨーグルト  粉ミルク  ナチュラルチーズ  
脱脂粉乳   プリン

 

 

カロリストンPROの栄養。

 

カロリストンPROには、食物繊維だけでなく、ダイエットの運動に役に立つ栄養素も配合されているのです。
しかし、栄養補助食品だけで栄養をまかなおうとするんじゃなくて、朝昼晩のごはんから栄養をとる努力も大切だと思いますよ。

食物繊維

ゆでえんどうまめ グリンピース エシャロット  きくらげ  いんげんまめ  ひじき  うずらまめ  つくし  にんにく  もろへいや  とうがらし      せんちゃ  しそ  とんぶり  くり  よもぎ  ゆりね  アボカド  しその実  ゆず  あしたば  パセリ  ごぼう  まっちゃ  ゆであずき    ゆでだいず  なっとう  おから  みそ  ほししいたけ  あおのり  こしあん  カレーのこな  こんぶのつくだに

コーヒークロロゲン酸

コーヒー

ポリフェノール

大豆   納豆   ゴマ  ソバ   カカオチョコレート   赤ワイン  コーヒー  緑茶  紅茶   日本茶    ココア    イチゴ  ザクロ    柿  バナナ  ブルーベリー   ラズベリー   マンゴー   ソルダム   ブドウ  プルーン  りんご   モモ   みかん     ほうれん草   黒オリーブ  グリーンオリーブ   ウコン   春菊   れんこん   たまねぎ  ししとう   さつまいも   ブロッコリー   パセリ   クルミ  アーモンド  オレガノ   セージ   ローズマリー     バジル                                         

Lカルニチン

マッシュルーム  赤貝   カジキマグロ   羊肉    牛肉  豚肉   ロブスター  岩牡蠣

 

 

太りにくい料理。

 

なんか、太るイメージが強いようですが、新陳代謝を活発にして太りにくいカラダを作りたいのであれば、タンパク質は積極的にとるべきです。

 

簡単なレシピを案内しておきますね。

 

塩コンブときゃべつの豆乳スープ

 

2人分の材料‥‥塩小サジ半分 粉末チーズ大サジ2 豆乳2カップ えだ豆20サヤ 塩コンブ4つまみ 細く切ったきゃべつ300グラム

 

@煙ふくぐらいカンカンに熱ーくなったフライパンに、きゃべつを放りこみ、素早くフタをして蒸し焼きにしてやります。

 

A豆乳と水200cc、裸にしたえだ豆と塩コンブをフライパンに投入して、沸騰する寸前まで温めて、最後に塩と粉末チーズをいれます。

 

 

この「塩コンブときゃべつの豆乳スープ」は、私も何度か作りましたが、真夜中の夜食に最適だと思いますよ。
フライパンでノンオイルの蒸し焼きにしたきゃべつは、甘くて香ばしい味がしますし、
粉末チーズと塩コンブとえだ豆もなかなかいい味出しますからね♪

 

 

どちらに軍配?

 

鉄火丼とウナギ丼。

 

日本国内では、人気を二分するこの丼物の両雄、
っていうとなんか言いすぎって感じはするのですが。。。

 

まあ、日本国内には、
伝統のカツ丼もあれば親子丼もあれば他人丼もあれば牛丼もあれば天丼だってあるわけですから。

 

しかし、太るか太らないかを考察する目的で、
鉄火丼とウナギ丼を丼物の両雄ってあつかいいにしておかないと話の流れが悪くなるので、
カツ丼派、親子丼派、他人丼派、牛丼派、天丼派の方は、
グッとこらえて、大人の対応でお願いいたします。

 

で、本題に入りますが、
あなたは、鉄火丼とウナギ丼だったら、どちらが太りやすいと思いますか?

 

鉄火丼ですか?ウナギ丼ですか?

 

食べるなら、どちらが好きか?じゃないですよ。
どちらを食べるほうが太りやすいか?ですよ。

 

これ、答えは、鉄火丼のほうが太りやすいのです。

 

鉄火丼は、鮪の赤身が多くのってるし、
鮪の脂分もウナギ丼に比べればずっと少ないわけですから、
なんとなく太りそうにない丼物に見えますよね?

 

ところが、鮪って、ウナギほど代謝がよくないのですよ。。。
だから、太りやすいのです。

 

一方、ウナギ丼はっていうと、
カロリーは鉄火丼より高いですし、
ウナギ丼は鉄火丼に比べればかなり脂ギッシュなイメージですから、
なんとなく太りそうにみえる丼物ですよね?

 

でも、ウナギ丼には、
糖質の代謝を活発にしてくれる栄養素(ビタミンB群)がたくさんあるので、
ウナギ丼のライスの代謝がスムーズに行われます。だから、太りにくいのです。

 

それに、ウナギ丼は、ウナギだけにEPAもタップリですから、
しっかり中性脂肪も溶かしてくれるので、なおさら太らないのです。

 

もしかしたら、意外な感じを受けた人のほうが多いのかもしれませんね。

 

しかし、私は別にウソは言っていませんからね。

 

ウナギ丼のほうが、鉄火丼よりも太りにくいのです!

 

しかし、太るのか太らないかを抜きに考えたとき、
私は個人的に、鉄火丼のほうが好きです。。。

 

しつれいしましたm(_ _)m

 

早食い禁止。

 

 

やせたい、太りたくないって人は、胸に手をあてながらよーく聞いてくださいね。

 

朝昼晩の三度のメシを、あなたはそれこそかっ食らうように、水で流しこむように食べてはいませんか?

 

じつは、心当たりがあるのではないですか?

 

いわゆる一つの早食いというのは、結果的に食べすぎて太るという結果に結びつくことも多いのです。

 

なせ、早食いが食べ過ぎに結びつくのかというと、
早食いというのは、食べものをよく噛まない食べかただからなのです。

 

食べものをよく噛まずに水で流し込むように食べてしまうと、
満腹中枢が活動し始めるまでに時間がかかってしまうのですよ。
だって、よく噛むことによって、満腹中枢が動き出すっていう面もありますからね。
満腹中枢ってのは、よく噛んでご飯を食べ始めてから、30分くらいして動き出すものですからね。

 

満腹中枢が働かないままだと、もちろんお腹いっぱいな感じはしないでしょうから、
とうぜん追加でものを食べたりしてしまいますよね?

 

だから早食いっていうのは、
結果的に肥満を呼び込んでしまう食べかたであるといえるのですよ。

 

ここまで説明すると、
なぜよく噛むことと満腹中枢に関係があるのか?
と疑問に思う人も少なくはないでしょう。

 

よくものを噛んで食べると、
脳みそがまず刺激されて、ヒスタミンという物質が登場するのです。

 

このヒスタミンというのが、満腹中枢に働きかけてくれて、
じょじょに「お腹いっぱい、もう食べれない。」状態に向かうわけなのです。

 

もちろん、よく噛めば噛むほど、口の中のだ液が次々と涌き出てくるので、
当然ながら食べたものの消化にも好影響がもたらされるはずですし、
血糖値も上昇しますから、さらに満腹中枢が働くことになります。

 

また、よく噛むというのは、人間の体レベルで考えるところの立派な運動ってことになりますから、
まあまあ多くのエネルギーを使えて、けっこうなことなのです。

 

やっぱり、太りたくないって人たちは、一度の食事時間に最低でも30分はかけたいところですよね。

更新履歴